汗とり

汗とり

着用後すぐには汗ジミはわかりません。
汗の成分は繊維の中に残っており、これらが数ヶ月から何年もかけて少しずつ酸化して黄変へと進みます。
ひどくなれば茶色のシミになります。汗ジミは脇周辺、ウエスト回りなど汗をかきやすい部分に出てきます。
※汗は水性の為にクリーニング(丸洗い)では落ちません。
汗とりは高圧蒸気をかけて繊維にしみ込んだ汗を取り除きます。
肌に近い長襦袢や浴衣、夏着物は収納される前に汗とりをされる事をお勧めいたします。

❖お勧めのご注文❖

大切に長く愛用する最適なアフターケア

着物クリーニング』と『汗とり』を合わせてされる事がお勧めです。

[落ちる成分の違い!]

『着物クリーニング』油溶性の汚れを分解

『汗とり』水溶性の汚れを取り除く

※状態により落ちない事もあります。シミ汚れは別途ご注文ください。

❖料金❖

『汗とり』着物・帯全て 1枚(1点)2,000円

PAGE TOP